暴風雪と大雪及び低温への注意について

2018年1月24日

鳥取地方気象台によると、西日本の上空約1500メートルには、明日25日(木)にかけて氷点下12度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が続く見込みです。
鳥取県では、これから25日(木)にかけて大雪に注意が必要です。
また、本日夕方までは暴風雪に警戒してください。それ以降も雪を伴って非常に強い風が続く見込みです。暴風・雪による見通しの悪化などに注意し、慎重な運転、通行を心がけてください。
さらに、本日は平地でも日中から氷点下を観測しています。道路の凍結に注意し、特に峠や橋上は凍結しやすいので慎重に通行してください。氷点下の気温では水道管が凍ったり、破裂したりすることがあるので、水を少しずつ流すなど凍結しないように注意してください。
とりネットでは、雪に関する気象情報や注意事項、道路や交通情報等のリンクをまとめていますので、ご活用ください。
鳥取県の雪情報http://www.pref.tottori.lg.jp/yuki/
情報発信:鳥取県危機管理局