8月10日 熱中症警戒週間の発表

2018年8月10日

鳥取県内に「熱中症警戒週間」を発表しました。
向こう1週間の予想最高気温30℃以上の日が5日以上続くと予測され、熱中症の危険性が高くなります。
休みやお盆の期間中は、外出の機会も増える時期です。
今後も猛暑は続く予報であり、十分に注意してください。
熱中症は、日中の運動を控える、こまめに水分や塩分を補給する、適切に冷房を使うなど、普段の心がけで防ぐことができます。自分のことはもちろん、周囲にも気をかけるようお願いします。
また、車を運転中に熱中症を発症される方もありますので、無理をせず休憩を十分にとりましょう。

(パソコンサイト:熱中症を防ぎましょう)
 https://www.pref.tottori.lg.jp/68680.htm#1

【情報発信】鳥取県健康政策課