県民の皆様へのメッセージ(飲食の場での感染にご注意ください)

2021年4月2日

 県内で新型コロナ陽性者が確認されています。(随時更新します)

▽陽性者の概要はこちら
https://www.pref.tottori.lg.jp/item/1207264.htm#itemid1207264

◆鳥取市保健所からの呼びかけ
 鳥取市の飲食店の利用者及び濃厚接触者等に新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認されました。
 鳥取市保健所は、感染拡大防止のため、一定の期間内に当該店舗を利用された方に対して、接触者等相談センターへ連絡するよう呼びかけています。

▽詳細情報はこちら
https://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1617335900158/index.html


◆飲食時の注意事項
 飲食の場で感染が拡大しています。
 飲食の場面でも「三つの密(密閉、密集、密接)」を避ける、人と人との感染防止距離(概ね2メートル)を取る、距離が取れない場合のマスクの着用、こまめな手洗い、こまめな換気などの感染予防に十分注意を払っていただきますようお願いします。

・飲酒の際は、(1)少人数・短時間で、(2)なるべく普段一緒にいる人と、(3)深酒・はしご酒などは控え、適度な酒量で
・箸やコップは使い回わさず、一人ひとりで
・座の配置は斜め向かいに(正面や真横はなるべく避ける)
・大声を出さず、会話する時はなるべくマスク着用

<お店では> 
・認証店や協賛店などガイドラインを遵守したお店で
・体調が悪い人は参加しない

<カラオケ>
・マスクの着用、換気、パーテーション設置、機器の消毒など感染防止


◆人権配慮に係る県民へのメッセージ
 感染者自身のほか、事業所や飲食店等の店舗などに対する不確かな情報を基にした情報の発信・拡散や詮索、誹謗中傷などの不当な行為は、人権を侵害する行為です。
 このような行為は絶対に行わず、地域全体で感染者等を温かく包み込むように支えましょう。

〇包括的な差別を禁止する条例(鳥取県人権尊重の社会づくり条例)の施行
・本県では、インターネットによるものも含め、あらゆる差別を包括的に禁止する条例が、4月1日から施行されています。

〇インターネットサーベイランスの実施
・本県では、インターネットによる誹謗中傷等のサーベイランスを行っています。確認された誹謗中傷等の画像や文章を保存し、被害者の訴訟時の証拠として本人の求めに応じて提供します。

〇県、弁護士会、県警、法務局の連携
・県と弁護士会、県警、法務局の4者連携による支援体制「新型コロナ関連誹謗中傷等に関する相談支援連絡会」を構築しており、事例発生時等に支援を行います。

鳥取県の新型コロナ情報は特設サイトをご覧ください。
https://www.pref.tottori.lg.jp/corona-virus/

体調がおかしいと感じたときの相談先はこちら。
https://www.pref.tottori.lg.jp/289705.htm

情報配信:鳥取県危機管理局